[ 所属: 山形大学農学部 ]
江成 広斗
 

「呼びかけ」みなさまに向けての発起人からの一言

震災により、住民生活はかつて類のない地理的規模で変化を余儀なくされています。
これは、生業・副業を通じて築き上げられた人と自然の「かかわり」に対しても、様々な影響が生じうることを意味します。自然は、人がその土地で暮らすうえで必要な資源であると同時に、多様な精神的価値を有するものでもあります。私は、野生生物の視点と、住民の視点の双方から、両者の持続可能な「かかわり」について考えていきたいと思います。